SR400タンクに傷・傷防止にニーグリップパット装着。

洗車してたらSR400のタンクに結構な傷があることに気が付いた…。
洗車してしばらくしてから写真撮ったので関係無い汚れも写ってる。

ちょっとした洗車傷とかなら写真撮ってもよく分からないけど、写真にもガッツリ写るレベル…。
ニーグリップしたときに足が当たる場所だけど、ちょっと擦ったという程度の傷ではない…。
小石でも挟んでニーグリップしてしまったのだろうか、かなり激しい傷が付いていた…。

液体コンパウンド3種セットを持っているので一番荒いのから使ってみたが、かなり傷が深くて何度かゴシゴシやったけど傷が消える気配がない…。
見た目は擦った傷なんだけど、一番大きい傷の部分はちょっと波打ってるような気すらする…。
クリア層だけじゃなくて塗装面にまで傷が達してそうな気もするけど正直よく分からない。
なんの傷なんだろう…? ニーグリップしたときに付いた傷にしてはダメージが大きすぎる。

12ヶ月点検は購入したバイク屋じゃなくて2りんかんに持ち込もうと思っていて、その時にガラスコーティングもするつもりだった。
以前CBでガラスコーティング出したら下地処理しっかりやってくれて満足だったので。
素人判断でコンパウンドごりごりやるのも怖いので、12ヶ月点検時のガラスコーティングするときに傷消しはお願いしてみよう…。

傷防止と傷隠しの為にキジマのニーグリップパットを購入。
付属の両面テープがパットよりもサイズ小さいし、薄くて脆い微妙な両面テープだった。

傷はしっかり隠れたのと、これで傷を意識せずにがっつりニーグリップが出来る。
見た目もタンクが黒色なのでニーグリップパットは目立たないし、この形状のニーグリップパットはレトロなイメージなのでSRには合っていると思う。

しかしまさか一ヶ月経たず、2000キロも走ってないのにこんな傷が付くとは思ってもいなかったので凹む…。

スポンサーリンク