バイク3000円から販売。湘南ジャンクヤードへ行ってきた

ジャンクなバイクが販売されていると知って「ユーメディア湘南ジャンクヤード」へ行ってきました。
神奈川県のバイク乗りならお馴染みユーメディアの店舗。
と言っても普通の店舗ではなく、平塚の土手沿いにある味のあるお店です。

入ってすぐにジャンクコーナーがあり驚きの3000円からスタート。
さすがに3000円はまさにジャンクと呼ぶに相応しいボロバイクやフレームだけだったり……。

お隣は1万円コーナー、ここはしっかりした車体になってくる。
結構綺麗な青色の電動スクーター、ただしメーカーがよく分からない、多分海外のスクーターかな?
ライトにLED使ってるし最近のバイクのように見える。

さらに15000円、25000円コーナーがある。
1万円コーナーにもあったけど、hondaのフュージョンはここではお馴染みの車種。どんだけ人気ないんだこれ…。

25000円コーナーに自転車にエンジン付いたようなバイクがあって気になった。

クラシックなバイクがあるなぁ。と思ったらヤマハのYB-1だった。

こういうお店に来ててなんですが、自分はバイク弄りがまったく出来ない。
レストアとか自分で出来るならYB-1とかやってみたいなぁ。と思う。

場内? に入って35000円コーナー。
ここからは結構綺麗な車体が多くてジャンクという程ではない、一番手前のTodayは試してみたらセルでエンジンが掛かった。
25000円以下のバイクはバッテリー死んでるのは当たり前で、キックも出来なくてエンジン焼き付いてるようなのが多い。

45000円コーナーにもYB-1があった、意外に売ってる物なんだなぁ。
ただ見た目的にはシングルサドルシートのYA-1のほうが好き。
ハンドル周りは古いバイクにしてはまだ綺麗なほうかな?

55000円コーナー。原付に混じって250ccのバイクも多少ある。

65000円以上の高級車コーナー。ここまで来るとかなり車体が綺麗で、街中を走っているバイクと見分けが付かないくらい。

85000円の奥にドラスタがあったけど、錆びとかはそれなりに酷い。

12万円コーナー。

屋根のあるコーナー、ここはもう普通の中古。ただ結構珍しいバイクも多い。
BSAが何台かあった、このバイクってレストア出来れば結構高く売れるのでは…?

ジャンクパーツコーナー。
もぎ取った部品などが雑に並べられている。

トップケース・パニアケースコーナー見てたら結構マシそうなホンダ純正パニアとかもあった。
傷がなくタンク中も錆びのない綺麗なタンクとかもあったけど、車種が書いてないのでよく分からなかった。

基本的には本気のジャンクばかりだけど、未開封の物とかまで転がっていて宝探し感満載。

ここはバイクのレストアやってる人には結構有名なお店らしい。
珍しい車体も結構多く、ジャンクパーツも見てて楽しいのでなかなか面白かった。

スポンサーリンク

コメント

  1. うえのもの より:

    秋葉原の電子工作系露店をうろついているときのような、楽しさを感じますね。この店は。

    • GAOU より:

      まさにそんな感じですねw
      ゴソゴソいろいろ漁ってると面白い物出てきて楽しいです