Canon RF50mm F1.8 STM 購入したので軽くレビュー。

キヤノンの新しい撒き餌レンズ「RF50mm F1.8 STM」購入しました。

EF50mm F1.8 STMと写りが大差ないらしいので特に買う気無かったけど、とりあえず買っておこうかなと。
ヨドバシで予約するのが遅くなって入手出来るのがかなり先の予定だったが、近くの小さいカメラ屋に普通に在庫あって買えました。ヨドバシはキャンセル。
大手ショップは注文殺到するので小さいお店が狙い目か。

最大径×長さ:約φ69.2mm×40.5mm
質量:約160g

フード付けないと本当に小さい、フード付けてても十分小さいけど。
レンズ本体とフードの質感は案外悪くない。マウント部分は金属。フードはロックボタン付きのタイプ。
AFはSTMなので爆速ではないけど困らない程度には速い。
ボディのほうで手ブレ補正あるのでSSあまり気にしなくて良いのが楽。


・作例はLightroomがまだレンズプロファイル対応してないので露光量補正したくらいです。
・ボディはEOS R6を使用。
・EF50mm F1.8 STMはすでに手放してるのでしっかりとした比較は出来ません。

ボケは思ってたよりはマシになった気がする。気のせいかもしれないけど。
ただボケが汚いことには変わらない。
全て開放F1.8にて撮影。

玉ボケはF2.8でもそこそこ丸い、F4.0からはカクカクしてるのが目立つ。

逆光耐性はEF50mm F1.8 STMよりも悪くなってるような…?
F11にて撮影、画面内に太陽があるとゴーストが出る。
カクカクしたゴーストなので、これはこれで面白い気もする。

そのままカメラを下に向けて太陽をフレーム外に持っていってもまだゴーストが出る。
ちなみに純正フード付けた状態です。
逆光弱そうなのでフード無しの運用はちょっと厳しそう。

フリンジは多少出るけどそこまで酷くはない。

EF50mm F1.8 STMと同じで中心部ですら開放F1.8は描写が甘い、1段か2段絞るとシャープになる。
F5.6あたりまで絞ると隅もある程度解像してくる。
甘くてもいい被写体以外は最低1段は絞ったほうが良い気がする。

EOS R6でのボディ内補正は4段分くらい。
0.3秒だと止まるけど0.6秒だと手ブレばかりになった。

正直EF50mm F1.8 STMと大差無い性能なので、EF50mm F1.8 STMよりも値段が上がっているからコスパが良いとは言えないかなぁ。
マウントアダプター使いたくない。などの理由がない限り買い換える必要もあまりないと思う。


50mm単焦点は今回ので買うのが5本目。

・EF50mm F1.8 II
・EF50mm F1.4 USM
・SIGMA 50mm F1.4 DG HSM
・EF50mm F1.8 STM

典型的なキヤノンユーザーでKissレンズキットからカメラを始めた。初めて買ったレンズが「EF50mm F1.8 II」だった。
純正F1.4好きだったけどAFの調子が悪くなって手放した。
シグマは手持ちのボディとの相性的な問題でAF精度が悪かったので手放した。
EF50mm F1.8 STMは逆光に強くなって結構良かったけどRFマウントに移行したときに手放した。

RFの純正F1.4がそのうち出ると思うので、その時に買い換えるとは思う。

スポンサーリンク