SR400 クラッチの遊び調整でクラッチを軽くする

SR400のクラッチが多少重いと感じていた。
キャブからFIになったときに軽くなったらしいけど、それでも多少重くて1日300キロ以上とか走ると左手が痛くなることがあった。

CBとセローで合計17万キロ以上走ってるけど、今まで特に左手がそんなに痛くなることは無かった。
SR400はクラッチレバー側ではなく、エンジン側のクラッチの遊び調整をするとクラッチが軽くなるという話を見かけて調整してみた。

実は納車時にクラッチの遊びが多すぎて、全部クラッチ握ってもしっかりクラッチが切れて無くてまともに運転出来ない状態だった。
すぐにレバー側で調整をしたけどアジャスターが取れそうなくらいアジャスターを緩めた状態になってたので、エンジン側で調整しないといけないと思っていたので一石二鳥。


調整は最初にレバー側のアジャスターを最後か9割くらいまで絞め、遊びが大きい状態にしてからエンジン側の調整へ。

SR400のエンジン側のクラッチの遊び調整は、同じワイヤーだったセロー250や一般的なバイクとはやり方が違っている。
スプロケットカバーを外して、左上にある17mmのナットを緩め、そのナットの中にあるネジがアジャスターでプラスドライバーで回して調整する。
調整は正確にはちょっと違うけど、ナット上にある上に飛び出てる突起が一番高い状態にすればいい。

アジャスター回してみて気が付いたけど、上の突起が一番低い位置にあった…。
アジャスター調整したら17mmナットを締めて、あとはレバー側のアジャスターで微調整すれば完了。

エンジン側のアジャスターを調整したらクラッチが結構軽くなった。
これなら一日長距離走っても大丈夫な気がする。
そもそも調整前の位置があまりにも規定値から離れすぎでは…。

17mmのナットが回しにくくてメガネレンチでなんとか回してたけど、しっかり絞めれたのか不安だったので17mmのソケットを購入した。
手持ちのソケットレンチが差込角6.35mmのせいで、17mmソケットが無いので6.35mm→9.5mm変換アダプタも購入して使った。
最初から9.5mmのセットを買うべきだったなぁと思った…。
六角レンチも短くて力を入れにくいので長いの買ったほうが良い気がしている。

スポンサーリンク