秋の白川郷・能登半島・ビーナスラインツーリング 3日目

朝5時起き、6時出発。
走ってると道路脇の温度計は7度、昨日と比べると暖かくて寝てて熱かったのでお腹に貼ったカイロを剥がしたくらい。

加賀屋、痕の聖地だけどここからの眺めは普通に良い。
無料の高速ずっと走ってたら能登島に寄るの忘れた、まぁ特に何もないしね…。

海沿いを東のほうへひたすら走る。
いつも立ち寄ってる気がする「道の駅 親不知ピアパーク ふるさと体験館」へ。
ルマンドのアイスって食べるの2回目だけど、以前から250円もしたかな…? この手のアイスにしてはお値段高め。

白馬に着いて白沢洞門へ、以前行ったことのある大出の吊橋の先って覚えていたけど、走っても走ってもそれらしい場所がない。
道間違えたかな? と思って途中で地図で確認した。
後で距離測ったら大出の吊橋から8キロもあった。林道を数キロ走って目的地に着かなかったらそら不安にもなるわ…。

トンネルからの景色が素晴らしく、トンネル脇が駐車場になってて結構車も来てた。
結構雲が多い日だったので、この距離走ってなにも見えなかったらどうしよう…。と思っていた。

木崎湖のパラグライダー場へ。
この近辺は落ち葉が凄くて車が来ると避けるのが大変だった、その分紅葉は綺麗で良かったけど。

パラグライダー場からの眺めが素晴らしい、山の紅葉の色合いがとても良くて時期良かったなぁと。

いつものおねティキャンプ場へ、アポ無しで行ったら管理人が不在で猫がお留守番してた。
電話したら受付は後でやるので設営してくれと言われたので設営。

以前から猫とか多かったけど、夕方に受け付け行ったら建物の中に10匹くらい猫が居て獣臭が凄かった。
自分は動物好きなので問題ないけど、あれ苦手な人だときついレベルかも…。

この時期の桟橋からの眺めは良いなぁ…。
テント設営したら木崎湖をぐるっと一回り。

お風呂は何時も通りの「ゆ~ぷる木崎湖」へ、今回はここで夕飯も食べることにした。
ゆ~ぷるでご飯食べるの初めてで、なにを食べようかと思ったけど黒部ダムカレーがあったのでこれにした。
ちなみに温泉とセットで1500円だった。

ボリュームがやばい…。カレーのルーがなみなみと入っていてテーブルまで持ち歩くのに気を使った。
ご飯の量もちょっと多目だけど、カレーのルーは明らかに2人前以上入っている。
ルーの湖面に浮かんでいるのは芋の遊覧船。

とんかつは北アルプス山麓ブランドの大町黒豚らしく柔らかくて美味しい。
カレーのルーは豪快に使っても余るくらいで量がやっぱり多かった。
美味しいしボリューム凄いし、温泉の食事としては200点あげたいくらい良かった。
温泉の食事処って基本的に大したことないけどこれは普通に良い、これなら1番人気って書かれてたソースかつ丼も期待出来そう。

テントに戻って明日の予定調べてたら、天気予報が変わって今夜から朝にかけて雨が降るらしい…。
えぇ…それならキャンプじゃなくて、近くにあるおねティの宿に泊まれば良かったなぁ…。

本日の走行距離335.0キロ