バイクのチェーンメンテをチェーンルブからオイルへ変更

どうもセロー250はフロントスプロケットのカバーにルブうんこが溜まりやすい…。
セローのチェーンはプレート部分が錆びやすいので気持ちルブ多目に付けたりしてるけど、CBのときはこんなことで悩んだことが無かったので、構造上の問題に思える。

チェーンルブはクリーナー使って綺麗にするのが凄く面倒なので、クリーナー使う必要が無いオイルメンテに切り替えることにした。

ルブに比べるとオイルは持ちが悪く、メンテの頻度がどうしても上がる。
ルブでいつも500~1000キロごとにメンテしてたけど、オイルだと引っ張っても300~500キロ程度。
メンテの頻度としては2倍以上になる。
ただルブでも15分程度でささっとメンテしてたので、オイルはクリーナーでゴシゴシやる必要がないので5~10分でチェーンメンテ出来る気がする。

頻度高くて回数やってたので慣れというか、時間をかけない適当メンテだったけど、CBは6万キロチェーン持ってバイク屋で褒められるくらいにはチェーンの状態は良かった。
今のセローも2万キロ走って、そろそろ最初の貼り調整が必要になった程度には調子良い。

チェーンメンテに使うオイルもエンジンオイル・チェーンソーオイルとかいろいろあるけど、なるべく長持ちしそうなAZのロングライフを選択。
AZロングライフはエンジンオイルやチェーンソーオイルと比べるとかなり粘度が高いオイルになる。
容器の蓋が取れやすくて危ないらしいのと、持ち運び用に使いたかったので小さめの35mlのオイラーも一緒にポチった。

IMG_9650

早速小さいオイラーへ30mlほど入れてみた、ロングライフのノズルはちまちまとしかオイルが出ない。これをぐっと容器押して勢いよく出そうとすると先っぽが取れるんだろうなぁ。と思ったので、ノズルの先っぽをハサミで切って出が良くなるようにした、どうせこの容器は使わないし。

チェーンクリーナーで軽くルブの掃除をしてからロングライフを差してみた。
一滴ずつチェーンのシールに垂らして、ウエスにロングライフちょっと付けて錆びやすいプレートを一拭き。

思ってたよりもロングライフの粘度が高い。
ポタポタって感じかな。と思ってたけど、ドローペトドローペトってロングライフを付けていく感じ。

まだルブの汚れがあってチェーンが汚いけど、あとは何回かメンテしてればルブの汚れは落ちるらしい。
さっさと200~300キロ程度走ってまたチェーンメンテしたい。

純正チェーンは安物でメッキ加工されてなくプレート部分が錆びやすいから、メッキ加工されてるシルバーかゴールドに正直変えたい…。

楽天のAZが木曜日500円以上で送料無料だったので、木曜日にポチって合計で800円。安いなぁ。
今までルブでメンテ頻度高かったせいで、ルブとクリーナー代もかなり掛かってた…。
しかもAZのハンドクリーナーの7gの試供品と、50gのボトルまでおまけで付いてきた、凄く良心的!

最近はAmazonでも売っているみたいです

コメント

タイトルとURLをコピーしました