EOS R6ボディ内手ブレ補正(IBIS)を試してみた。手持ち8秒も縮小前提ならOKか?

「EOS R6」のボディ内手ブレ補正は実際どんなものなのか調べてみた。
本当は屋外で風景撮って試したかったけど、天気悪かったりして室内で。

手ブレ補正ってどこまでブレを許容出来るか。というのが人それぞれなのと、人間三脚としての性能も人それぞれなので参考程度に見てください。
自分はブログに載せるのに横1000pxまで縮小するのでブレの許容範囲広いと思います。
欲を言えばもっとピタっと止まって欲しいけど、現像でシャープ掛けて縮小すれば使えるかな? 程度を合格ラインに。

ボディー内5軸手ブレ補正(IBIS)の構造上、中央が一番しっかり補正が効くらしいので中央の切り出しを右下に等倍表示。

・立った状態で脇締めてファインダー覗いて撮影。
・室内なので当然無風。
・シャッター方式は電子先幕。
・5~10枚前後撮影してみて一番良いのを採用。
・露出調整はNDなど使わず絞りでやってます。
・Lightroomでレンズ補正だけ掛けてます。


・RF24-105mm F4-7.1 IS STM
このレンズのキヤノン公式発表では協調制御IS 手ブレ補正段数は8段。
試した3本のレンズの中で一番補正の効きが良かった。

24mm4秒の時点で自分の人間三脚性能の限界だと思ったけど、8秒も縮小すればギリ許せるレベルな気がする。
8秒だけ露出オーバーになったので現像でマイナス補正掛かってます。
2秒までは安心して使える、4秒以上は屋外で風吹いてたら厳しい気もする。
1/25から計算した場合、4秒は手ブレ補正6と2/3段、8秒は7と2/3段。


105mmでは1秒はまぁまぁ、2秒は結構辛くてかなり枚数撮って一番良かったのがこれで、4秒は無理だと思って諦めた。
1秒だと若干甘く感じる、現像時にシャープ掛けて縮小すれば個人的にギリセーフかな?
もう1段減らした1/2秒も撮るべきだったと思った。
1/100から計算した場合、1秒は手ブレ補正6と2/3段、2秒は7と2/3段。


・RF70-200mm F2.8 L IS USM
このレンズのキヤノン公式発表では協調制御IS 手ブレ補正段数は7.5段。

レンズの重みがあるのと望遠なのもあって70mm1秒が結構辛い、2秒たまたま良いのが1枚あっただけで歩留まりも悪く2秒は無理だと思った。
1秒がちょっと甘くて現像でシャープ掛けて縮小でギリ使えるかどうか、1段減らして1/2秒で撮ったほうがいいかもしれない。
1/80から計算した場合、1秒は手ブレ補正6と1/3段、2秒は7と1/3段。


200mmでは1/2秒が自分の中では限界に感じた、1秒だとちょっと甘すぎるかな。
1/2秒が現像縮小でなんとかギリギリな感じ、出来ればもう1段下げてシャープにしたい。
1/200から計算した場合、1/2秒は手ブレ補正6と2/3段。


・EF16-35mm F4L IS USM
純正の「EF-EOS Rマウントアダプター」使用。
手ブレ補正効きやすい広角なので期待したがあまり良くなかった。

16mmでは2秒からかなり怪しい、4秒はちょっと厳しい、8秒は無理だった。
「RF24-105mm F4-7.1 IS STM」の24mmより明らかに手ブレ補正が弱く感じた。
1/20から計算した場合、2秒は手ブレ補正4と1/3段、4秒は5と1/3段。


35mmでは1秒は問題ないと思うが2秒がかなり怪しく、4秒は無理だった。
1/40から計算した場合、1秒は手ブレ補正5と1/3段、2秒は6と1/3段。


試した結果としては「RF24-105mm F4-7.1 IS STM」が補正の効きが凄い。
24mmは安心してシャッタースピードを下げれる。
4秒とか8秒になるとシャッター切ってる間、ちょっと体がぐらついてる気がするけど案外撮れてて凄い。

「RF70-200mm F2.8 L IS USM」も補正の効きは凄い。
70mmと200mm両方6段からちょっと甘く感じるので、実際使うとしたら5段までかなと思う。

キヤノン公式ではEOS R6とRFレンズの組み合わせでは手ブレ補正最大8段と言っている、確かに人間三脚の性能高い人なら8段は可能な気がする。
ちなみに自分は人間三脚の性能には自信がありません。

キヤノン公式サイトではEFレンズとの組み合わせの手ブレ補正段数は公表していない。
「EF16-35mm F4L IS USM」はよく使うレンズなので不安だったが、やはりあまり良い結果ではなかった。
何故か16mmのほうが補正の効きが弱く、35mmのほうが効きが良く感じた…。
RFの小三元が出たら買い換える予定なので、そのときは8段に期待したい。

試したEFレンズが1本だけなので断言は出来ないが、RFレンズを使わない限りボディー内5軸手ブレ補正は実力が発揮出来なさそうな感じ。

スポンサーリンク