Canon EF16-35mm F4L IS USMへ買い換え。

広角ズームレンズ「TAMRON 17-35mm F/2.8-4 Di OSD A037」から「Canon EF16-35mm F4L IS USM」へ買い換えた。

広角ズームって今まで使ったことがなくて、旅行先で広大な風景撮るときにしか使わないだろう。
と思って純正よりも安いA037を購入したけど、実際しばらく使ってみたらこれをメインレンズにして、もう一本望遠でEF100mmF2.8Lマクロを持っていくスタイルに最近落ち着いてしまった。

ツーリングや旅行でレンズ一本で行くなら迷わず24-70mmを持っていくけど、広角も望遠もちょっと物足りない。
二本持っていくなら広角ズームと望遠一本あればいい、EF85mmF1.8でもいいけどフリンジがきついので安心のEF100mm。

ただA037を常用しているとやっぱり手振れ補正が無いことが不満で、こんなに使用頻度が高いなら…と純正のIS付きへ買い換えました。
屋外の晴天下で風景撮るときなら絞ってもSS気にならないけど、暗かったり室内で絞るとSSに気を使うし、微妙な手振れが結構発生するので…。
A037の写りには全然不満が無かったので買い換えは凄く悩んだ、A037はF2.8-F4.0で星撮るときは純正より一段明るいし。

マップカメラ眺めてて下取り買取で中古を買うとしてもそこそこ値段差があるので、手振れ補正の為だけにと考えると悩んでいた…。
最近全然使ってないEF85mmF1.8も一緒に下取りに出したら、差額が結構安くなったので買い換え。

中古だけどシリアルナンバーから比較的最近製造された個体、箱付きを選んで購入。
レンズを中古で買うときは箱付きを選ぶようにしている。
箱を保管してる人ならある程度大事に使っていたと思っている。

スポンサーリンク