TAMRON 17-35mm F/2.8-4 Di OSD 購入レビュー

タムロンの超広角ズームレンズ「17-35mm F/2.8-4 Di OSD(Model A037)」を購入して、しばらく使ってみたので適当レビュー。


17mm f/11 1/200 ISO100 / Canon EOS 5D Mark IV
買ったその日に撮った一枚、とその等倍切り出し、中央付近と右下。
四隅の流れが特に気にならなくて良いのと、解像力も結構あると思います。


17mm f/16 1/160 ISO100 / Canon EOS 5D Mark IV
逆光耐性はとても高くて、太陽がフレーム内・フレーム外に関わらず試した限りではゴースト出ませんでした。
フレアも特に気にならないので逆光の心配は基本的に無いかなと。


35mm f/4 1/4 ISO100 / Canon EOS 5D Mark IV
玉ボケはちょっとフチが濃いかなぁ?
玉ねぎも多少出てる気がするけど、超広角のレンズでそんなに玉ボケ写ることもないだろうし許容範囲だと思う。


35mm f/4 1/1600 ISO100 / Canon EOS 5D Mark IV


35mm f/4 1/1000 ISO100 / Canon EOS 5D Mark IV
ぼけ具合のテスト、個人的に大嫌いな二線ぼけはしてないので問題なし。

湾曲と周辺減光のテスト、この2枚は無補正のデータです。


17mm f/2.8 1/1000 ISO100 / Canon EOS 5D Mark IV


35mm f/4 1/6400 ISO100 / Canon EOS 5D Mark IV
17mmの広角だと湾曲と周辺減光が気にはなる。が、この辺りは補正かけるの当たり前だと自分は考えているので正直どうでもいいです。


17mm f/2.8 20s ISO800 / Canon EOS 5D Mark IV
星空サンプル、まだ天の川を撮りに行けてないのですが…。
Lightroomでレンズ補正使用しただけの状態です。2枚目の左は中央付近の等倍、右は左上の等倍。
コマ収差は多少出てるかなぁ程度ですが、周辺の星の流れ(非点収差)はそこそこあります。

AFの速度はまぁまぁ。遅いというほどでもないけど、めちゃ速い訳でもない。
音は若干大きめだと思います。静かな場所だとしっかり聞こえます。

フードは普通にはめ込むだけのタイプでロックボタンなどは無し。
自分はフードに手突っ込んで回すの好きじゃないので、PL使うときにいつもフード外してから回すけど特に今のところ使っていて不満はないです。


17mm f/200 1/200 ISO320 / Canon EOS 5D Mark IV


TAMRON 17-35mm F/2.8-4 Di OSD(Model A037)
長さ:92.5mm
質量:460g
フィルター径:77mm

Canon EF16-35mm F4L IS USM
長さ:112.8mm
質量:約615g
フィルター径:77mm

キヤノン純正と比べて短くて軽いです、ただその分手ぶれ補正がありません。
f/2.8が使えるので星空撮るのが楽で良いかなと思って選びました。

半額とまではいかないものの、純正と比べるとかなり安いのも魅力的。
広角って買っても利用頻度が低そうだったので、あまり高いレンズは買いたくなかったから…。

純正の旧型が中古で安いんですが、四隅の流れが酷くて…。
安くてそこそこの広角ズームないかなぁ。とずっと思ってたらこのレンズが発売されて飛びつきました。

画質的には満足しているけど、手ぶれ補正が無いのがやっぱり不便に感じることも多いです。
使っていて不満点を上げるとしたらそこですかね…。

スポンサーリンク