ワンダーフェスティバル2019冬 フォトレポート 企業ブース編

フィギュア・ガレージキットの祭典『ワンダーフェスティバル2019冬』フォトレポート後半の企業ブース編です。
最初のほうはジャンルごとに載せてるのでメーカーぐちゃぐちゃになってます。


SKYTUBEさんの壁に貼られていたイラストがエロ可愛くて素晴らしい。
ただエロコーナーは凄く並ぶので、並ぶと時間が足りなくなるので何時も入るのを諦めている…。
行った人に話聞いたら、展示はしてあったけど囲いがあって見れない状態だったとか。行かなくて正解だった…。

アニプレックスの展示は照明が変わっていて、各フィギュアごとにライトスタンドが左右に立っていた。

せっかくなので上の雪ノ下はストロボ切って撮ってみた。
下の写真は撮って出しの状態。
スマホでも撮ってみればよかったなぁ。


一番最初に載せたEasy Eightのチノちゃんフィギュア「Chino & RABBIT DOLLS」の実物見れて良かった。
天使すぎてとても欲しいけど市販バージョンを見てみないと値段高すぎてポチれない…。
税込みだと定価27000円って、小物が多いとはいえちょっと高すぎなんですが…。

SAOユウキ マザーズ・ロザリオver.も出来が良いなぁ。直前にネットで画像見かけて気になってたけど実物もとても良かった。
立体映えしそうだし今後はアリスのフィギュアもいろいろ出てきそう。

ソフトケースだけどUVカットの物が安く出てきたみたいで気になったのでメモついでに撮った一枚。
「側面フィルムはカットして好みの高さに調整可能!」って書いてあって、その発想は無かった。

アニプレックスの照明は無いよりはマシなのかなぁ? と微妙な感じだった。
左からの光が強すぎるのとディフューズもほぼされてないのできつい。
照明に関してはアルターが最高によくて、アクリル取っ払ってグッスマみたいにスタッフ横に立たせれば最強な気がする。
現状のグッスマも良いけど、1つのスペースにフィギュア詰めすぎててちょっと撮りにくい。

そんな感じでワンフェスお疲れ様でした。