セロー250の36ヶ月点検でジェネレータ交換

今月でセローに乗り始めて3年目。
ついこの間60000キロになった。

セローのことを調べていたときに5万キロ前後でレギュレータやジェネレータが壊れる。みたいな話を見かけた。
そういえばCB400SFも6万キロでジェネレータが壊れたなぁ。

壊れると走れなくなるし、世話になってるYSPが予約取りにくくて緊急入院になると時間掛かりそうなので、今回の点検で交換しておくことにした、車検が無いバイクなんだしそれ位やってもいいかなと。

36ヶ月点検 14300円
ジェネレータ・ステーターコイル・レギュレータ 部品代20665円 工賃8800円
電装品の接触が怪しいとこがあったので、そこの配線直して貰って部品代が2000円
合計49426円

思ってたよりは安く済んだなぁ、ジャネレータ等の部品代だけでもっとするのかと思った。

ついでに今度2りんかんでオイル交換するときにブレーキフルードも交換しておこうかな、少し色が黄色くなってきている。

サスペンションもオーバーホールしたほうがいいのかな? とも思うけど、鈍感なせいかヘタってるかどうかすら分からない…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました