甲府鳥もつ煮を食べに行ってみた

晴れたので先月のB-1グランプリで優勝した甲府鳥もつ煮を食べに行ってきた
地元開催だったけどその日は白川郷へ行ってたので

バイクで遠出するときくらいコンタクト入れるか。とコンタクトを久しぶりに使う
相変わらず不慣れで入れるのに時間掛かる+入れてから違和感感じる
外すのは一発なんだけどなぁ、入れるときどうしても空気が入る、隅のほうから付けてるつもりなのだが……

行きはのんびりと宮ヶ瀬→道の駅どうし→山中湖へ
山のほう走ってると寒い、道路の温度計見たら16度、あんまり着込んでこなかったよ……
富士山は雲に完全に隠れててしょんぼり

そのまま河口湖へ行き、さらに甲府へ向かう137号を途中で右折して708号へ
ツーリングマップルに見晴らしが良い。と書いてあったので山を登っていく
山の頂上付近に茶屋があって、こんなところで店やるとか凄いなぁ。と思ったらトンネル通行止め
引き返そうとしたら茶屋の前が凄い眺めが良かった

河口湖が見え、富士山も見えるはずなんだけど相変わらず雲に隠れてる

引き返してそのまま甲府にある奥藤 本店へ、ここは甲府鳥もつ煮の元祖の店らしい

B-1優勝と元祖の店、駐車場が広め。という条件で見事に混んでる
名前書いて20分後に店内へ、鳥もつ煮とざるそばを注文

よくある豚のもつ煮を想像してたけど甲府鳥もつ煮はレバーに近い味がする、ちょっと食感のあるレバーみたいな
レバーがあんまり好きではないので微妙な顔しながら食べる

そばは普通に食べてたら最後に細切れのそばが山盛りで残った
自分で食べてるときに切ったんじゃなくて最初から切れた細切れのそばが大量に入ってた
隣の人の食べ終わったそば見たらそんなの無いっぽいので、茹でて最後に引き上げたのでカスが集まったのかなぁと思いつつ残した
行く前に食べログで情報見てて店の評価が微妙だったのが気がかりだったけど納得しつつ帰路へ

行きはのんびり行ったので3時間半掛かったけど、帰りは高速使ったので2時間で帰って来れた
走行距離242キロ

今月は中旬に知り合い達とレンタカーで木崎湖へおねティ聖地巡礼と黒部ダムへ行く予定

スポンサーリンク