『さらば あぶない刑事』を観てきました

あぶデカの最後の映画らしいので『さらば あぶない刑事』を観てきました
『終わる終わる詐欺』ばかりのあぶデカだったけど、内容観た感じ今回こそ本当に最後みたいでした

IMG_2278

※ネタバレに関する部分も書いてるので注意してください

実にファンのツボを抑えた内容になってて凄く満足できた
コメディ成分少な目、初期のハードボイルド強めな感じの作風

映画開始直後、暗い廊下を歩く男の姿
顔は写らないんだけど歩き方で分かる、これは『セクシー大下』だw

昔からのお馴染みのキャラもかなり登場する
ただし、みんな歳とってて警察を退職してる人も結構いる
タカ・ユージも定年まであと数日という設定

ユージが犯人を追いかけて走る走る
タカもバイク乗りながらショットガン撃ったり
近藤課長の替わりにトオルが「瞳ちゃん、お茶っ!」
扇子持った落としのナカさんは別の物を落としてたり
日産レパードで敵アジトに乗り込んだり

とにかく観てて懐かしいなぁ。と思える内容だった

ただちょっとモヤモヤしたのがクライマックスのシーン
敵ボスを倒したけど、雑魚敵に囲まれて絶体絶命。予告にも使われていた台詞

「残りの弾の数と、敵の数がまったく合いません!」

…このシーンどうやって切り抜けたのか、描かれてないんだけど…?

走ってた貨物車? からトオルとその他モブ警官が大量に現れて
「センパイお待たせしました!」「おせーぞトオル!」という安易な展開で別にいいと思うんだけどなぁ
最後にちょっと不満があったけど、それ以外は大満足の内容だった

タカ・ユージは定年退職して警官じゃなくなったので、これで本当にラストのあぶデカだと思う
面白いし好きだから、また詐欺で新しいの作ってくれても良いけどw

スポンサーリンク

コメント

  1. うえのもの より:

    警察官にも再雇用はあるから、続編の可能性はあるでしょうね。

    • GAOU より:

      あー、再雇用って手がありましたか
      今回の映画それなりに評判良いみたいなので数年後にまた続編出るかもしれないですねw