下甲介粘膜焼灼術で鼻の中をレーザーで焼いてから1年経った

そういえば一年経ったんだよなぁ。と思ったのでブログに書いてみる

複数のアレルギー持ちのアレルギー性鼻炎で年中鼻が詰まった状態になってしまって
点鼻薬を使い続けるのはよくない・病院へ定期的に点鼻薬を貰いに行くのが面倒なので
鼻の中の粘膜をレーザーで焼く『下甲介粘膜焼灼術』をやったのが1年前

手術後数日間~1週間は寝てる時ですら鼻水が止まらない洪水状態で酷かったけど、その後は鼻詰まりも解消して快適になった

花粉症のピーク時期は寝てるときなど横になってるときにたまに鼻詰まりを感じるけど、両方の鼻が詰まることはないので一応問題無いレベル
花粉症時期でも鼻水が特に出なくなった

ただ粘膜が弱くなったみたいで非常に鼻血が出やすい、ほぼ毎日多少は鼻血が出ているような感じ
まぁ鼻が詰まるよりはマシなのでそこまでは問題ではない

粘膜はレーザーで焼いても自然治癒してしまうので、早いと半年・数年で鼻詰まりが再発するらしいけど
1年経った今のところはまだ大丈夫、このまま再発して欲しくないなぁ…

再発したらまた『下甲介粘膜焼灼術』を受けると思う
鼻血が出やすいのが気になるけど、鼻が年中詰まってる状態よりは100倍マシなので
アレルギー性鼻炎で手術しようか悩んでいる人にはおすすめしたい

スポンサーリンク