ワイド端が酷かったE PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS描写テスト

SONY NEX-5RLを使ってしばらく経ったけど
なんか描写がいまいち…
特に広角で絞って風景撮った時に気になる

この標準ズームレンズのE PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSSは、あまり描写の評判が良くないんだけど
ズームレンズとしては、今まで見たこと無いほど小さいのが気に入って買った
写り悪いって言ってもそこそこ写るんでしょ? CanonのKissの標準ズームとかだってそこそこ写ったし。なんて思って買ったんだけどなぁ…

ちょっと気になるので調べてみることにした
解像度チャートを拾ってきて印刷して試し撮り
ワイド端とテレ端の開放とF8.0、Lightroom5.3でレンズ補正のみオン
中心部と左上を切り取って原寸表示

チャートは原寸で印刷せずにA4に縮小してるし、撮影自体も適当なので参考程度に…

epz16mmf35

epz16mmf8

epz50mmf56

epz50mmf8

他にレンズ持って無いので一応比較として6DでEF50mm F1.4で撮った物も

ef50mmf8

見た瞬間「うわぁ…」って声が出たほどワイド端が酷い…
中心部は開放でも問題無いのに隅が酷い、しかもF8.0まで絞ってもあまり良くなってない
テレ端は開放からかなり良好な感じ
どうりで風景撮ってて気になる訳だ…

思ってた以上にワイド端が酷いけど、テレ端は思ってたよりも良い
バランスが良いんだか悪いんだか…
今のところレンズ買い足す気はあまり無いので、ワイド端をなるべく使わない方針でいくかなぁ

スポンサーリンク