車窓撮影用フードを自作

窓等から撮影する際のガラス窓の写り込みを防止するためのフードを作ってみた

作り方と型紙のpdfはKomin’s Photo Blogに載っているのを拝借
ちょっと弄って15度の部分を30度に、のりしろ部分を10mmから20mmに変更

材料はキャンドゥに売ってたクッションケースとファスナーテープ、合計216円

IMG_3246

型紙はA3サイズなので、USBメモリにデータ入れてセブンイレブンでプリントアウト、A3モノクロ10円

クッションケースを半分に切って、切った型紙をセロテープでクッションケースに固定して、型紙に沿ってクッションケースをハサミで切る

IMG_3249

のりしろ部分にファスナーテープをくっつける、ファスナーテープの固定は縫うの面倒なのでホッチキスで止めた
ホッチキスの芯が銀色なので、黒のマジックで塗って反射しないようにした

IMG_1151

完成したのはこちら
装備してるレンズはEF50mm F1.8STM
サイズ的にはちょっときついけど問題なし

あれこれ試し撮りして思ったこと

ラバーフードでよくね…?

いやぁ…、ラバーフードよりも大きくて幅が広いから、ガラス面に密着してなくても多少は効果あるのかと期待してたけど
この程度のサイズじゃほぼ意味が無かった…忍者レフくらい大きくないと駄目か…

ガラス面に密着出来るならラバーフードで良いし、持ち運びを考えてもラバーフードのほうが便利かなぁ

スポンサーリンク