EDWIN防風ジーンズ、ニープロテクターポケット付きを買ってみた。

にりんかんで見かけたEDWIN × MOTORHEADのWILD FIRE防風ジーンズを購入してみた。

普段ジーンズでバイクに乗ることが結構多くて、今はノーマルなWILD FIRE防風ジーンズで乗っている。
WILD FIREは風を防いでくれるけど、膝に冷たいジーンズが常に触れているせいで、しばらく運転していると膝が冷えて膝の感覚がおかしくなってくる…。
タイツやレッグウォーマーなどのインナーかアウターで対策をしないと駄目なので、長時間乗る予定のときは普通に冬用のライパンを履いていた。

今年新しく発売されたMOTORHEADとのコラボ製品のニープロテクターポケット付きのWILD FIRE、店頭で手にとってみたらなかなか良さそうだったので買ってみた。

ニープロテクターを内側から入れることが出来て、前面部分は部分的に生地が3重になっている。
文字だと伝えにくいので図を描いてみた。

青いのがジーンズ生地、点線部分はステッチ、黒いのはニープロテクター。
膝上からスネ部分までがプロテクターを入れる都合3重なっている、さらに冷えやすい膝にはプロテクターも挟むのでこれなら確実に膝が冷えることは無いだろうと思った。

プロテクターの位置調整はステッチをほどいて調整する、普通ならベルクロとかで位置調整をするのに何故か糸を物理的にほどいて調整。
正直これは面倒だし、やり直しが出来ないので普通のライパンみたいにベルクロで調整したい。

これに合うニープロテクターも買わないとなぁ。と思っていたらニープロテクターをおまけでくれた。

ただかなりペラペラで頼りない…、無いよりはマシ程度の品物だった。値札が付いてて500円と書かれていた。
もうちょっとしっかりしたプロテクターに交換したいけど、あまりしっかりしたプロテクターだと膝を曲げるのが窮屈になるので、案外これくらいペラペラじゃないと駄目なのかもしれない。
このペラペラのでも膝を曲げるとプロテクターが結構膝に当たる。

近所のにりんかんだと裾上げやってなかったので、裾上げをお店でやってくれる少し離れたにりんかんへ行って購入。

内側にプロテクターを装着する機能があるので、正面からの見た目は完全に普通のジーンズに見える。
バイク用のジーンズって大抵膝部分に縫い目やプロテクターでゴテゴテしててあまり好きじゃないので嬉しい。


参考までにバイクはセロー250でカウルとか無いので風が脚に直撃します、通常のWILD FIRE防風ジーンズで真冬に走った場合走り始めてすぐに膝に触れるジーンズが冷たいと感じ、1時間で膝がかなり冷えて、2時間走ると膝の感覚がおかしくなります。(あくまで自分の感想です)

実際にニープロテクターポケット付きを履いて走ってみました。
2月で気温が約5度でかなり風が強い日、しかも海沿いの西湘バイパスをメインに1時間走りましたが特に膝は冷えませんでした。
10分程度休憩して別の道で1時間走り帰宅、合計2時間半走ったけど膝は問題ありませんでした。

西湘バイパスでは70~80キロで走っていたけどしっかり防風出来ているし寒さも無かったです。
ただ高速を100キロで何時間も走るような予定があるなら、冬用ライパン履いたほうが暖かいとは思いますが…。
下道走るだけならこのジーンズで一日走っても大丈夫そうだと思いました。

スポンサーリンク