カーボンが溜まってアイドリング中にエンスト・セロー250

今年の春すぎ辺りから、セロー250がたまにエンストするようになった

エンジンを掛けてアイドリング中にグローブをはめている10秒くらいの間に回転数がカクンと落ちてエンスト
一度エンストすると、なかなかエンジンが再度掛からないこともあった
エンストするのはアイドリング中のみで走行中などは問題なかった

毎回ではなく、たまーに起こる症状だったけど、なかなかエンジン掛からないこともあって気になったので
夏の北海道ツーリング前にお世話になってるYSPに電話をした
詳しい症状を伝えると「カーボンじゃないかな」とのこと、カーボン除去剤あるから一度店に来てくれ。と言われてお店へ

ヤマルーブのカーボン除去剤を購入して投入、3000キロごとに再投入してくれ。と言われる
そのまま北海道ツーリングへ行って3000キロ以上走ったので、帰ってきたらまたカーボン除去剤を投入した

現在最初にカーボン除去剤を投入してから4000~5000キロ走ってると思うけど、エンストの症状が出たのは一度だけ
カーボン除去剤は徐々に効いていくものなので一度くらいはご愛敬だと思う
最近はアイドリングも安定してるし、カーボン除去剤がしっかり効いてると感じる

今セローの走行距離が73000キロなので、まぁこれだけ走ってればカーボンも溜まるか。とは思うんだけど
ただ今までに2本セローにフューエルワンを使っているけど、フューエルワンはカーボンをまったく除去出来てなかったってことなのか…?
3万キロくらい?の時に1本目を使って、2本目は今年使ったんだけど…

YSPに行ったときにカーボンが原因って言われた時に、フューエルワン使ってるんですけど…。とは答えたけど
とりあえずカーボン除去剤使ってみてよ。と押し切られたが、結果としてはYSPの判断が正解だった

フューエルワンは辞めて定期的にこっちを使うようにしようかな

スポンサーリンク

コメント

  1. うえのもの より:

    たぶん、フューエルワンよりYAMALUBEの方がPEA濃度が濃いから、洗浄能力が高いってことなのではないでしょうか?
    フューエルワンは洗浄能力が高すぎないことも、人気の一つですし。

    • GAOU より:

      もっとフューエルワンは小まめに使わないと駄目ってことなんですかね…
      追加でもう一本ヤマハのを買ってしばらくは使い続けようかと思います、3000キロごとに一回なのでエンジンオイル交換時についでに