セロー250のバッテリー電圧チェック・バッテリー交換をした

最近エンジンを掛けるときに、セルの回る音に元気がないときがたまにある
気になったのでバッテリーの電圧を調べてみた、セロー250には裏コマンドで簡単にバッテリーの電圧を調べることが出来る

・キーOFFの状態で『SELECTボタン』と『RESETボタン』を押したままキーをONにする、ボタンは押したまま
・ディスプレイに『dIAG』と表示されたらボタンから手を離す
・再度『SELECTボタン』と『RESETボタン』を同時に押しっぱなしにすると『d01: xx』と表示されるので手を離す
・『SELECTボタン』を数回押して『d09: xx』を表示する、ここに表示されてる数字がバッテリー電圧

走った直後だったせいか電圧が高めになってるけど、最近ちょくちょく調べてた時は11.9V~12.0Vをフラフラしていることが多かった
正常値は12V以上
11.5V~11.6V前後まで下がるとセローはエンジンが掛からないという話を見かけた

新車で購入して今月で丁度3年目、走行距離は6万キロ
もうちょっとは頑張れそうだけど、十分頑張ってくれたので交換することにした

純正バッテリーはGSユアサの『YTZ7S』
中華バッテリーや台湾ユアサなど安いバッテリーもあるけど、安心できる純正バッテリーを選択
昔原付乗ってたときに中華バッテリー買ったことあるけど、すぐに駄目になったことがあるので…

純正バッテリーをYSPで買うと2万円近くして凄く値段が高い…
自分で交換するか。と値段を調べると、近所の2りんかんで15000円くらい、ネット通販だと1万円前後

Amazonでも結構安く売ってるけどレビューを見ると微妙な感じ
・製造日が古いバッテリーが届いた
・ぶつけたりでボロボロのバッテリーが届いた、端子が壊れてる
・使って4ヶ月で駄目になった
など

結局楽天のバッテリー専門店で購入した
最安等ではないけど、初期充電をしてくれるのと1年保証付いてるのでここにした
充電器って持って無いので充電して欲しかったのと、GSユアサなら大丈夫だと思うけど念のための1年保証が嬉しい

軍手がおまけで付いてきて地味に嬉しい

バッテリーの交換方法は、キーを抜いた状態で
・マイナス端子から外して、次にプラス端子を外す
・バッテリー積み替える
・プラス端子をつけて、次にマイナス端子をつける
マイナスから始まってマイナスで終わる

セロー250のバッテリー交換手順は、シートを外してから右側側面のカウルを外す
シートはシート裏にあるボルト2本を外せばシートが外れる
側面のカウルは六角レンチでボルト1本外して、あとは引っ張れば取れる

凄く配線がゴチャゴチャしている…
後で調べて分かったけど、ナビ・ETC・グリヒ・USBなど付いてるせいで他の人のセローよりも配線がゴチャゴチャしている…

真ん中のゴムバンドを外し、バッテリー端子に被せてあるゴムをどけてドライバーでマイナス端子から外す、続いてプラス端子も外す
邪魔な配線をどかしつつバッテリーを取り出す…取り出す…

どうやってバッテリー取り出すのこれ…?
構造的に上に持ち上げて手前に引っこ抜くっぽいけど無理…、しばらく格闘したけど取れない…

一端諦めてネットで情報を探す
どうやらバッテリーの上側を手前に倒す感じで結構強引にやるらしい
文章よりもこの動画を見たらよく分かった
バッテリー外すシーンは6:00~

再度チャレンジをしてなんとか交換できた
コツとしてはなるべく配線をほぐしてバッテリーの動くスペースを作って、バッテリー左上の凹みに指を引っ掛けて手前に倒す感じ

外した直後の写真、配線ゴチャゴチャしすぎw
取り出した要領と同じ感じで新しいバッテリーを押し込んで、プラス端子マイナス端子を付けて配線を整理して完了

電圧は12.4Vで凄く元気
割とバッテリー交換が面倒だったので長持ちして欲しい
外した廃バッテリーは近所の2りんかんに持ち込んで無料で引き取って貰った

スポンサーリンク