14 2016/03

セロー250の24ヶ月点検でYSPへ行ってきた

カテゴリー: バイク | タグ:

セローを購入して今月で2年、24ヶ月点検でYSPへ行ってきた
24ヶ月時点での走行距離は41500キロ

最近セルの調子が悪くて、症状としては

・スタータースイッチ押しても無反応(セルが回る音すらしない)で何回もポチポチしてるとそのうちセルが回ってエンジンが掛かる
・バッテリーの電圧は問題無い

原因がバッテリーじゃなさそうなので、セルモーターが弱ってるのかなぁと予想
面倒なことになりそうだけど、消耗品ではないので新車の保証範囲内で無料になりそうと思っていた

YSPのスタッフがキーをオンにしてスタータースイッチをポチポチ

「あぁ、スタータースイッチの接触不良ですね、接点復活剤で治りますよ」

え? そんな簡単な問題なの? と思ったけどしっかり治った
さすがプロや、10秒で原因分かるとは…
これよく起こる症状なんだろうか…?

他は点検で特に問題無し
ただチェーンが伸びてはいないけど動きが渋いと言われた

チェーンはTUTOROチェーンオイラーで自動注油してるけど、オイルの排出量が足りてないのかなぁ…?
確かにタンクのオイルの減りが少ない気はするんだけど、今よりちょっとでもオイル出す量増やすと
フロントスプロケカバーとチェーンカバーからオイルが滴るんだよなぁ

オイル足りてないみたいなので、とりあえずオイラーの排出バルブを1/4回転緩めておいた
自宅に帰るまで数キロ走ってみたけど、帰宅してチェックするとチェーンカバーにオイルが少し溜まっていた
これなんとか対策出来ないかなぁ…

IMG_2352


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)