セロー250 裏コマンドでエンジン回転数の表示・調整

家から走りだした時に5m先で一時停止する場所があるけど、最近油断してるとそこでエンストする
冬場なら暖気不足だな。と思うけど、夏場なのでそういう問題では無さそう。まぁ冬しか暖気ってしてないけど…
自分のクラッチ操作のミスじゃなくて、どうも回転数が低いように思っていたので調べてみた

セローはタコメーター付いてないけど、裏コマンドを使うと回転数が表示されるので、まずは回転数を調べる
※インジェクション仕様のセローじゃないと使えないらしいです

キーオフの状態でメーターパネルの「SELECT」と「RESET」ボタンを両方押しながらキーをONにして2~3秒待つ

メーターに「dIAG」と表示されたらボタンから手を離す

「SELECT」を1回押して「Co」を表示させる

再度「SELECT」と「RESET」を同時押しして待つと表示が「C1」になる、この時の右上に表示された「0」が回転数

ボタンから手を離してエンジン始動、しばらく暖気して回転数が安定したらその数字を見る

IMG_0254

1200回転くらいだなぁ、セローの標準は1300~1500回転なのでやっぱり回転数が低い
回転数の調整をするには工具が必要になってくる

最初にシートを外す、スパナが必要

サイドカバーを外す
サイドカバーって外したことが無かった、真ん中下辺りに六角レンチのボルトが1つあるので外す
内側に二箇所はめ込んでいる部分がある
サイドカバーの車体後ろ側が噛み合っている部分があるので、車体の前側のほうからはめ込んでいるのを外す

IMG_0249

やや前の方、フレームが交差してる付近に+のネジっぽいのがあってプラスドライバーでこれを調整をする
時計回りで回転数が下がり、反時計回りで回転数が上がる

IMG_0253

回転数を上げたいので、回転数を表示させアイドリング状態で左に回して調整をする
回転数は1400回転にしてみた、どうせなら1500回転でも良かった気がする

しばらくはこれで様子見かなぁ
走行距離が34000キロなので、エンジン内部の清掃でもするか。とフューエルワンをポチった
しばらく商品が届きそうもないのでこの話は後日…

スポンサーリンク